災害に強い家が作れるかも確認しよう!

地盤が強い土地を見つける

災害に強い家を建てるためには、建築方法や建材への工夫も重要ですが、地盤が強い土地に家を建てるということも重要です。日本は地震が多い国であり、地震の際の死亡原因の多くは、建物の倒壊による圧死です。地震に強い家の条件のひとつは、そもそも揺れにくいということがあげられるので、地盤の強さは大きな割合を占めます。地盤が強いかどうかは、見た目で判断することはできません。その土地の成り立ちを調べるとわかりやすいでしょう。一般的には、住宅地を作るために土地を造成した場合、土が固まりきっていないこともあり地盤が弱いとされています。また、低地や川近くの田園地帯を埋め立てて作った土地も地盤が弱い傾向です。地盤沈下や水が湧き出てくる危険性があります。

ハザードマップと土地の状況の確認

土地の地盤の強さを確認することは、土地の成り立ちを調べればわかりますが、簡単に調べることは難しいといえるでしょう。土地の歴史を調べることはなかなか難しいので、ハザードマップを調べたり、実際のその土地の状況を見に行くとわかりやすいです。ハザードマップとは、地震や台風などの災害に見舞われた際に、どのような被害ができるのかをその土地の自治体や国土交通省が予想して発行しているマップです。重ねるハザードマップを活用すれば、その土地の成り立ちや特徴を読み解くことができます。また、実際にその土地に行き、地盤沈下の跡や液状化現象の跡がないかを確認したり、立っている建物の壁や塀に亀裂が入っていないかの確認をしたりすると確認することが可能です。

分譲住宅は、既に施工が完了している物件を購入できるため、住宅のデザインや構造、雰囲気といったミスマッチをなくせるという長所があります。