建てた後も安心できる体制かもきちんと見よう!

万が一のときには迅速に対応してくれるかどうかをチェックしよう

ハウスメーカーによる家の建築においては、家が完成したらそれで終わりではありません。家の完成後においても、安心かつ快適に生活していくためのフォロー体制が整っているかについても、とても大切な要素となります。例えば、家の完成後において、万が一不具合が生じた場合、ハウスメーカーのスタッフが迅速かつ的確に対応してくれるかどうかは、非常に重要なポイントです。こうした対応が遅れたり、十分でなかったりしますと、せっかくの新居生活も台無しとなってしまいます。ハウスメーカーを選ぶ際には家の完成後において万が一、何かあった場合におけるフォロー体制がきちんと整備されているかどうかについて、しっかりと確認するようにしましょう。

定期的にメンテナンスしてれるかどうかも重要

また、家の完成後において定期的にメンテナンスしてくれるかどうかも、ハウスメーカーを選ぶに当たっては重要なチェックポイントです。家が完成したら、その後は長期にわたってその家に住み続けることとなります。一般的に完成後間もないころはそれほどメンテナンスする箇所は生じませんが、10年、20年と住み続けますと、どうしても経年劣化による傷みなどがでてきます。その意味では、完成後においてしっかりとしたメンテナンスが整っているかどうかは重要と言えます。 ここで注意したいのが、メンテナンスはできるだけ長期的なものが望ましいという点です。短期的なメンテナンスではあまり意味がありません。先述のように家は数十年経過してはじめて、傷みが出てきますので長期的なメンテナンスが十分に整っているかどうかが、ハウスメーカーを選ぶ際の大きなポイントとなります。

新築一戸建ては、分譲住宅と注文住宅の2種類が選べます。分譲は既に出来上がっている住宅を購入することで、注文は一から自分の希望を取り入れて住宅を作るという形になります。