注文住宅用の土地の選び方

間取りはどうしようか、どんな設備を充実させようか、注文住宅作りの際には家そのもののことに目が向きがちです。しかし、理想の暮らしを実現させるにはまず最適な土地選びが求められます。そして、その土地選びは単一的な視点で見るのではなく、多角的な視点で見て自分たちの理想が実現できるか判断する必要があります。

災害に強い家が作れるかも確認しよう!

災害に強い家を建てるためには、建築方法や建材への工夫も重要ですが、地盤が強い土地に家を建てるということも重要です。日本は地震が多い国であり、地震の際の死亡原因の多くは、建物の倒壊による圧死です。地…

Read More »
ある程度専門的な知識も身に付けてから土地探しを!

注文住宅にふさわしい土地選び

建売住宅は、定められた土地に建っている建物を購入するだけなので、土地選びに苦労することはないでしょう。しかし、注文者が土地選びに関与することはできません。一方、注文住宅の場合は、土地選びの段階から注文者が主体的に取り組めるので、土地を選ぶ楽しさがあります。建物の間取りや形状だけでなく、立地条件や環境を考えて土地を選ぶことが、注文住宅建設の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。ただし、建てたい建物に適した土地を選ぶのは、そんなに簡単ではありません。様々な候補地を見て回って、最も好条件の土地を選択することが必要です。あちこち歩いて時間をかけ、苦労して探した分だけ、見つけた時の喜びは大きいでしょう。

土地選びに必要な専門的知識とは?

建売住宅の場合は、建設業者が建築に適した土地を選んで建てているため、土地に関する専門的な知識はさほど必要ではないかもしれません。しかし、注文住宅の場合は、建物を建てる土地に関する法的制限などの知識も求められるでしょう。まず、都市計画による用途地域制限について、知っておく必要があります。一見住宅が多いエリアでも、商業地域に指定されていると、近所にカラオケ店等ができて夜な夜な騒音に悩まされることもあります。 住居専用地域でも、中高層だと隣に高いビルが建つかもしれません。低層住居専用地域なら、そばにカラオケ店やパチンコ屋が建つことがありません。隣に高層ビルが建つこともないのです。また、土砂災害警戒区域などに指定されていないかチェックしましょう。特別警戒区域に指定されていると、火災保険に加入できないこともあります。予めハザードマップ等で調べておけば、こうしたエリアを避けた土地選びが可能です。

ハウスメーカーの選び方

理想の注文住宅の方向性が決まったとしても、それを全て実現してくれる力のあるハウスメーカーに依頼をしなければ計画は夢に終わってしまいます。ハウスメーカーのどんな点を見て選べばよいのか、注文住宅の方向性が決まったら真っ先に見るべき点を確認して選びましょう。

まずは各メーカーの一番の強みを確認しよう!

今やハウスメーカーは数多く展開しているため、どのハウスメーカーが良いのか迷うことが多くあります。ハウスメーカーを選ぶ際には、それぞれのハウスメーカーの強みを確認することが重要なポイントとなります。…

Read More »

地域のことに精通しているかをよく見よう!

注文住宅の建設を依頼するハウスメーカーを選ぶときのポイントの一つが、地域のことに精通しているかどうかです。家を建てるときには、建設予定地となる土地の情報を詳しく知っておくことは不可欠になるために、…

Read More »